【松戸市】頭痛の原因は、上司との人間関係にあった!?|松戸整体院で頭痛を改善された口コミ

松戸整体院には、頭痛でお悩みのお客様も来院されます。

ユカリ
頭痛の原因は人それぞですが、今回は「上司との人間関係」が原因で頭痛を引き起こしていたムトウさんに、お話を聞いてみたいと思います。

ムトウさん、よろしくお願い致します。

ムトウ
はい、よろしくお願い致します。

私は、上司に頼まれごとをよくされるのですが、本当は断りたいのが本心です。

しかし、上手く断ることができず、頼まれごとをされるたび、ストレスを抱えていました。

ユカリ
大変ですね。

空気の読めない上司はどこにでもいるんですね。

清水先生から、どのようなアドバイスを頂いたんですか?

ムトウ
結論から言うと『自分のスタンスを明確にしておくこと』と言われました。

上司から頼まれごとを断るポイントは、自分のスタンスを明確にしておくこと

上司の頼み事や命令を、完全に断るのは不可能なのは、働いているあなたが一番よくわかっていると思います。

ですので、断ると言う概念は、まずは忘れましょう。

そのかわりに、あなたのスタンスをと言うものを決めておくといいです。

スタンスとは?

スタンスと言うのは、自分の立ち位置です。

今までのあなたのスタンスは、「上司から頼まれる→そのまま引き受ける」という感じだと思います。

良さそうな感じもしますが、いつもこの対応では、あなたのキャパシティがいっぱいになる日が必ずきます。

そして、ストレスを抱えて、イライラしたり、嫌な気持ちになると思います。

そうならないために、一旦保留すると言うスタンスを持つといいです。

「上司から頼まれる→保留→自分の仕事をする→それが終わってから保留した仕事を片付ける」イメージです。

スタンスを保つことは何が良いのか?

これの何がいいかと言うと、自分の時間を確保できることです。

イライラする原因は、自分のペースを乱されることです。

そうならないためにも、一旦持ち越すと言うスタンスをとってください。

こうすれば、今の自分の仕事もできますし、頼まれた仕事もこなさせるようになります。

まれに急ぎで言う仕事のふられ方もあるでしょが、それは上司に問題があるので、あなたに問題があるわけでないので、心配しないでください。

ユカリ
なるほど、上司からの頼まれごとを断るには、自分のペースを乱されないように、頼まれごとが来た場合、一度保留や持ち越しをして、今の自分の仕事が終わった後に、取り掛かると言うスタンスを取ること。

そうすることで、上司もあなたのスタンスを理解して、仕事でイライラする頻度が減るんですね。
ムトウ
はい、私もそれを実践したことで、上司からの頼まれごとのストレスがたいぶ無くなりました。

おかげさまで、頭痛も良くなりました。

私のように上司のストレスや頭痛で悩んでいる方は、ぜひ松戸整体院に行ってみてください!

ユカリ
松戸整体院のHPは、こちらになります!

ご予約はお電話よりもメールの方が早くできます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください