説得の公式

「なかなかお客さんが動いてくれない、、」

 

こんな経験をしている人は多いと思います。

 

話を聞いてくれない、予約をとってくれない、商品を購入してくれない、など。

 

私もよく経験しました。

 

「別に説明は下手ではないのに、どうしてお客さんは自分の思っていることと、逆に動いてしまうのだろう」とよく悩んでいました。

 

答えは、説得できていなかったことが原因でした。

 

説明が上手いというのは、話が上手ということです。

 

話が上手なだけでは人は動きません。

 

いい話が聞けて良かったという感情だけになってしまいます。

 

人を動かすには、説得をしなくてはいけません。

 

説得をするには、説得の公式を意識するといいですよ。

 

①観察
②提示
③同意
④ラポール
⑤表現
⑥機会損失
⑦再開
⑧引き寄せ
⑨コミット

 

をうまく使うのがコツです。

 

次の機会で、各項目を詳しく説明していきたいと思います。

 

では、また!

今の仕事の収入・売上に限界を感じているあなたへ

もしあなたが、「現状を変えるためには、向上心を持って、生き方や考え方を変えなければ成功できない。でも何をどのようにすればいいのかわらない…」と思っているならこちらの動画をご覧ください。

あなたの今の現状を変えるきっかけになれば幸いです。

続きが見たい方はこちらにご登録し、「続きを希望」とメッセージをお願いします。
⬇︎
https://line.me/R/ti/p/%40kzs7556r

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください