売上の限界を感じている整体院経営者のあなたへ

どうも、清水です。

整体院経営はうまくいっているでしょうか?

私は世間一般的にはうまくいっている方だと思います。

月商でいうと200〜300万円の間です。

年商3000万円前後でしょうか?

一人整体院では成功している部類かもしれません。

「自慢ですか?」

と思われるかもしれませんが、今日はそんなことを言いたいのではありません。

私は今、「とても将来が怖い」のです。

「え!?それくらい稼いでいるのにまだ不安なんですか?」

と思うかもしれませんが、年商と年収って違うってことをご存知ですか?

年収3000万円なら不安もなく人生を過ごせるでしょう。

ですが、年商では話になりません。

月々の広告費、固定費、技術費など毎月多くの出費があります。

中途半端に稼ぐと税金もたんまり請求されます。

使える経費はあるものの、貯金ができないのです。

また整体院経営では、研修費も高いです。

マーケティングも学ばなければいけないですし、治療技術にお金をかけるのは、当たり前という風潮です。

ですが、毎年技術の向上に励んでも、値上げする幅は限られています。

どんなに高くて3万円まででしょうか?

これより高くやっている先生の技術は再現性がない(個人の能力にゆだねられる)か見せかけですでに治療していない先生になるでしょう。

そもそも治療院はリピートビジネスです。

要はお客さんと信頼関係を気づくビジネスなので、リピートできない価格設定は廃業するリスクが高くなります。

何が言いたいのかというと、個人整体院経営で成功してもお金の不安からは解放されないということです。

もちろん、整体院経営は、やりがいはあります。

痛みで人生の絶望の淵にいる方に新たに光を見せられるとてもつもない職業です。

ただ儲からないです。笑

「お金のためにやっているんじゃないでしょ?」

確かにそうです。

ですが、自分の家族には、自分の大切な人には、金銭的な負担はかけたくないと思っています。

「お金がないから諦めてくれ」とは死んでも自分の子供には言いたくないです。

でもこの道を続けていればいつかその現実にぶつかります。

その証拠に頭の良い整体院の先生は、儲かった資金を元に、技術協会ビジネス、コンサル、分院、物販など、幅を広げています。

これが現実なんですね。

「あなたもやればいいじゃないですか?」

と思った方もいるかもしれませんが、

別に、分院や治療技術を教えたいために開業したわけではないので、やる理由、動機がないんですね。

いくらお金が欲しくても、やりたくない仕事をしている人が、やりたい仕事をしている人に勝てると思いますか?

「サッカー嫌いだわー」って言っている人が「サッカーに人生かけている」人に勝てますか?

無理でしょ!!笑

そんなに世の中甘くないですよね。

それはあなたが一番感じているはずです。

「結局あなたは何がしたい?」というと、

私は、治療院はこれで満足なんです。

これからも痛みで悩んでいる人に真剣に向き合って悩みを解決していきたいんです。

ただ、ただ、、、

できるならもっとお金が欲しい!

それも本当に良い商品、サービスを、本当に困っている人に届けて、本当に感謝される仕事をして、お金がほしいんです。

他者を無理やり批判したり、誰かを蹴落とすようなビジネスはしたくないんです。

「清水さん、いつからそんな甘えたこというようになったんですか?」
「見損ないました。」
「そんな都合の良いビジネスあるわけないじゃん!」

確かにそうですね、、、、

私は甘いかもしれません、、、

ですが、

私はそれを見つけました!

求めていれば引き寄せるんですね。

引き寄せとは、本当に恐ろしいものです。

「本当そんな仕事あるんですか?それ騙されてますよ」

もしかしたらこう思う人もいるかもしれません。

私も初めはそう思いました。

そんな良い話あるわけないと。

でもあるんです。

しかも現在進行形で形になって、各地で活動が始まっています。

もしあなたが、「現状を変えるためには、向上心を持って、生き方や考え方を変えなければ成功できない。でも何をどのようにすればいいのかわらない…」と思っているならこちらの動画をご覧ください。

あなたの今の現状を変えるきっかけになれば幸いです。

続きが見たい方はこちらにご登録し、「続きを希望」とメッセージをお願いします。
⬇︎
https://line.me/R/ti/p/%40kzs7556r

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください