これからの時代に求められる仕事

こんにちは、真水です。

時代の変化が目まぐるしい時代に突入していますね。

今ままでは、政府が時代を変えて生活を変化させていましたが、今はテクノロジーが時代を変化させて生活を変えています。

僕は、個人経営をしているので、時代の変化に敏感な方だと思います。

そんな僕が、今後どうやって個人規模の店舗が生き残れるのかを考えてみました。

1、生き残るためには、何を売ればいいのか?

 

店舗を経営しているということは、何かしらのサービスや商品を提供していると思います。

流行りのサービスを売れば、人気が出て商売は繁盛しますが、流行りが過ぎれば一気に人気は落ち込みます。

すごいサービスを持っていれば、流行りとは無関係になれますが、世の中の全ての店舗がすごいサービスを持っているわけではありません。

では今後、何を売ればいいのかということは気になるところだと思います。

何を売ればいいのかを話す前に、まずどのようなサービスが稼げているのかをあなたは知っていますか?

2、大きく稼げる職業とは?

経営者なら自分の得意なことで成功し、お金持ちになることに憧れている方は多いと思います。

余談ですが、日本では、お金が全てではないと言う風潮がありますが、実際は、お金が有る無しで国自体が国民を判断しています。

ちなみにヨーロッパのサッカー選手は、週給7,000万円です。

メッシクラスの超一流になると、秒給100円だとか、、、

桁数が違くてイメージが湧きませんね。笑

本題に話を戻すと、稼げる職業とは何なのか?

医者?弁護士?

残念ながらこれらの職業は昔なら稼げたかもしれませんが、今後は稼ぐことは難しくなるかもしれません。

今後は、ただ知識を知っていてもダメな時代になります。

なぜなら、知識だけを取り扱うだけでは、機械に勝てないからです。

僕のような凡人は、電卓にも勝てません。

3456×696の答えをあなたは瞬時に出せますか?

出せないなら電卓に勝てていないと言うことです。

このように、ただ単に知識があるだけでは、機械には勝てません。

3、では、何を売ればいいのか?

人間にはできて、機械にはできないことが一つだけあります。

それは、価値を提供することです。

機械が最新の情報を与えてくれますが、価値は与えてくれません。

では、価値を提供できる職業とは何のか?

それは、教育です。

教育こそ最強の職業であり、これからも大切にされていく職業だと思います。

4、教育って学校の先生になるってこと?

教育というと学校の先生になることだと思う方もいるかもしせれませんが、そういうことではありません。

ちなみに日本の学校教育はあまり良くありません。

何が悪いかというと、詰め込む教育もそうですが、答えはひとつしかないと教え込むことです。

「1+1=2」この公式は絶対だと教わりますが、本当にそうでしょうか?

数字上ではそうかもしれませんが、幸せ度で計算したらどうでしょうか?

幸せな出来事が2回あれば、幸せ度は2でしょうか?

同じ1かもしれないし、または10かもしれません。

このように数字上では、「1+1=2」は正しいかもしれませんが、全ての局面において通じる公式ではありません。

話が脱線しすぎてしまいましたが、では真の教育とは何のか?

それは、「導く」ことです。

ある人に問題が起こったら、その問題を解決してあげる、もしくはがお客さんがお求めている未来に導いてあげることこそが教育です。

5、ビジネスは人間関係の延長線

長く商売をしている人ほど、売上と戦ってしまいますが、大事なことはお客さんと人間関係を築けているかです。

ビジネスは人がいないと成り立ちません。

人は一人ではお金持ちになれません。

なぜなら、誰かがあなたにお金を支払ってくれるから、あなたのお金が増えるからです。

機械では、人間関係は築けません。

だって機械だから。笑

だから全てのサービスが機械化することはないでしょう。

ですが、そのかわりに、お客さんの理想の未来に導けないサービスは、今後潰れていくことになるでしょう。

6、美容院や整体院は、どうやって教育(導く)をすればいいのか?

僕も個人店舗のビジネスをしているので、いきなり教育と言われても何だかよくわからない気持ちはよくわかります。

でも少し深く考えてみれば、道は開けてくると思います。

例えば、整体院なら、痛みを抱えたお客さんが来ると思います。

そのお客さんが痛みの無い生活をしたいという理想の未来があるとします。

あなたは、この理想に近づけるように、叶うように導いていくことが仕事になります。

「痛みの無い生活をしたい」を叶えてあげるには、何をすればいいのか?

なぜ痛みが出るかを説明しなければいけないのか?

体の使い方を変えることを提案すればいいのか?

定期的に治療受けることで解決できるのか?

このように、ただ単に痛みを取るだけでは、教育ではありません。

痛みの無い生活をしたいまで導いてあげることが教育なんです。

よくお医者さんでは、「老化だね」で終わる場合がありますが、これは導いていないですよね。

ただの分析した結果です。

これでは、機械と一緒です。

現状を説明するのでなく、お客さんの理想のライフスタイルに近づけてあげることが大事であり、価値があるサービスということです。

本当のビジネスというのは、「何かに困っているお客さんを解決に導いて、もう二度とそれに悩まないようにしてあげること」です。

これができてこそ、初めて本物のビジネスであると思います。

人によって違うと思う方もいて当然だと思いますが、より深い悩みを解決に導くサービスこそが、これからの時代に求められるではないかと思います。

それでは、また!

今の仕事の収入・売上に限界を感じているあなたへ

もしあなたが、「現状を変えるためには、向上心を持って、生き方や考え方を変えなければ成功できない。でも何をどのようにすればいいのかわらない…」と思っているならこちらの動画をご覧ください。

あなたの今の現状を変えるきっかけになれば幸いです。

続きが見たい方はこちらにご登録し、「続きを希望」とメッセージをお願いします。
⬇︎
https://line.me/R/ti/p/%40kzs7556r

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください