ジラートの法則|営業マンなら知らないと損をする

ジラートの法則とは?

人は平均して250人の人間と繋がりがあると言われています。

つまり、一人を不快にするということは、250人にも不快な影響をもたらすということです。

営業マンやネットワーカーはこの法則を意識するといいでしょう。

なぜなら、紹介をもらいやすくなるからです。

冒頭でも紹介しましたが、1人は250人と繋がっています。

最初の1人に対して、不快な思いをさせると、残りの250人にも不快感が波及してしまうのです。

「怖い」と思うかもせれませんが、逆に良いイメージを与えることで、250人に対しても良い印象を与えることができるのです。

そうするとで、口コミや紹介が生まれます。

ジラートの法則の由来とは?

ジラートの法則は、世界一の自動車営業マンと言われるジョー・ジラート氏が考案した法則です。

彼は、ギネスブックに「世界No.1のセールスマン」として掲載された人物でもあります。

彼は、目の前の人と会っていても、常にその先を見て、営業していました。

営業でも、ネットワークビジネスでもそうですが、目の前の人が買う気がなかったり、あまり良い印象のお客さんではない方と出会うことがあると思います。

こういう状況になると、「この人は買う気がないから、次の人に切り替えよう」と考えると思います。

しかし、それでは、セールスの世界で結果を残すことはできません。

先ほども言った通り、その人の後ろには、250人います。

今度はその250人に対してセールスするのです。

「え?実際にいない人に対してセールスするのですか?」と疑問を持つ人もいるでしょう。

そうです。

優れたセールスマンは、その人の先を読んでセールスするのです。

どれだけ先を見てセールスできるか?

例えば、目の前の人が買う気がなくても、その友達なら買う可能性があるかもしれません。

そしたら、この商品をお友達にも紹介しやすいように説明することも一つのテクニックです。

「この間、こんな人がきて、こんな製品を紹介されたの。その製品がね、、、」のような感じで、お友達に紹介してくれたらどうでしょう?

口コミが起こりやすいですよね?

これは製品やサービスがいいから口コミが起こるわけではないのです。

先にいる人を意識して、目の前の人にセールスした結果、口コミが起こります。

このようんあ感じで3見たな子供いるなら、子供に向けた提案や子供に関係する話をして見るのです。

ジラートの法則まとめ

ジラードの法則を完璧に使いこなすには、日頃どれだけ人に見られているのか?を意識することです。

歩いている時、商談している時、ご飯を食べている時など。

目の前の相手ではなく、その相手の先に、奥に、どれだけの人を想像できるのか?

これがジラートの法則を活用できるポイントになってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください