ダニング・クルーガー効果から見る自己分析方法

ダニング・クルーガー効果とは何だか知っていますか?

ダニング・クルーガー効果とは、

能力の低い人物が自らの容姿や発言・行動などについて、実際よりも高い評価を行ってしまう優越の錯覚を生み出す認知バイアス。

この現象は、人間が自分自身の不適格性を認識することができないことによって生じる。

と言われています。

図で見るダニング・クルーガー効果とは?

なんとなく経験したことがある人が多いのでは無いでしょうか?

能力が低い段階や経験が無い時は、なぜだかやれる自信があります。

「俺なら1番になれる!」

という謎の根拠があると思います。笑

しかし現実は、、、

実際にやって見て、経験をすることで、その自信は見事に打ち砕かれます。

なぜなら、自分の実力がわかるからです。

そうなんです。

自信がある時というのは、自分のことをうまく分析できていないのです。

だから、なんとなくやれそうな気がします。

自分を分析できるようになると、、、

うまく分析できてくると、知識と経験のバランスが取れて、本物自信につながるのです。

だから、一度、自信を砕かれてからが勝負です。

そこで、どれだけ自分のことを分析できるのか?

ここにかかってきます。

プライドが高い人の弱点

ここで、プライドが高い人は、離脱していきます。

「俺はこんなはずじゃない」

「これは環境が悪いんだ」

など、自分に言い訳をするのです。

ここで覚えて欲しいのは、最初は誰も経験をしていないので、自信があっても無くても良いのです。

大切なことは、一度経験した後に、「何が自分に足りないのか?」を理解することです。

足りないところを、学び、再び実践することで、根拠のある本物の自信となります。

このサイクルを最速で行うことで、スキルアップできるので、ぜひやって見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください