ユカリ
腰椎椎間板ヘルニアの症状や原因、対処法について、まとめて見ました。

腰椎椎間板ヘルニアに悩まれている方はご参考にして下さい!

腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニアとは背骨の間のクッション材である「椎間板」が変形して飛び出し、神経を圧迫する病気です。

腰椎椎間板ヘルニアの大部分は、構造上負担のかかりやすい第4腰椎と第5腰椎の間、また第5腰椎と仙骨の間で起こります。

同時に2ヵ所以上に発生するヘルニアもありますが、複数のヘルニアが同時に症状を起こしていることは少ないです。

腰椎椎間板ヘルニアというと、若年者に多いイメージがありますが、高齢者でも生じることがあります。

高齢者で腰椎椎間板ヘルニアになると、腰部脊柱管狭窄症に合併することもあります。

例えば、もともと下肢のしびれがあったが、ある時期から突然痛みに変わった、という経過であれば、狭窄症にヘルニアを合併している可能性が高いです。

腰椎椎間板ヘルニアの症状とは?

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板が神経に触れたりすることで、

☑️しびれ
☑️痛み(腰痛、下肢痛)
☑️力が入りづらい
☑️感覚が鈍くなる
☑️排尿障害、排便障害

などの症状があらわれます。

ある時期から「突然」痛くなったや「常時」しびれや痛みがある、「重心をかけると」痛みやしびれがひどくなるといった症状を感じたら、腰椎椎間板ヘルニアの可能性が高いです。

腰椎椎間板ヘルニアが起こる原因とは?

腰椎椎間板ヘルニアは、多くの場合日々の生活の中で椎間板への負担が積み重なり発症します。

長時間の車の運転や中腰での作業、重いものを持つなど、腰に負担のかかりやすい生活を送っている人ほどなりやすいです。

腰椎椎間板ヘルニアの対処法とは?

腰椎椎間板ヘルニアの対処法①マッサージ

マッサージで、患部の血流やリンパの流れを良くして回復を早めることができます。

椎間板に負担をかけている原因の一つに筋肉の疲労があります。

その疲労をマッサージで取り除いていきます。

アロマテラピーやストーンマッサージなどでも症状が和らいだ事例もあるので、血流を良くすることは、腰椎椎間板ヘルニアの痛みを緩和させる重要な要素となっています。

ただし、素人が安易にやると炎症や痛みなどの症状が悪化する場合がありますので、専門機関で施術していただくことが良いです。

腰椎椎間板ヘルニアの対処法②冷却療法(アイシング)

冷却療法は、急性期に即効性があります。

アイスパックや手作りの氷水袋で、患部の炎症を起こしている患部を冷やすすことで、痛みを緩和させます。

炎症が起こると、体温上昇と血行が促進し痛みが激しくなります。

これを冷却することで痛みを抑えます。

ぎっくり腰など急性の痛みのときにもとられる方法です。

腰椎椎間板ヘルニアの対処法③温熱療法(ホットパック)

一般的に、急性期は冷やしますが、慢性期(安静期)からは血行を促進するため温めます。

温熱療法には、80℃前後に温めたパックをタオルで包み、患部に当てるホットパックや赤外線照射などがあります。

腰椎椎間板ヘルニアの対処法④電気治療

椎間板ヘルニアの保存療法では、一般的な方法といわれています。

ホットパックと併用したりして、温熱や低周波で筋肉の緊張を和らげて血行を抑止、痛みの軽減とともに自然治癒力を高めます。

家庭用の低周波機器もあり、最近ではどこでも行われます。

ただ、家庭用もありますが、家庭で行うと手軽ですが、効果的というよりも手軽さが売りなので、扱っている整体院や接骨院(整骨院)、整形外科などの施設で行いましょう!

腰椎椎間板ヘルニアの対処法⑤超音波治療

超音波とは、人間には聞こえないほどの細かい周波数で振動する音波のことです。

超音波治療は、この超音波の音と振動エネルギー作用を利用しています。

1秒間に100万回もしくは300万回のミクロマッサージと呼ばれる「非常に高速で細かい振動」を、手技では届かない体の深部まで到達させ、筋肉や関節などのこわばりを和らげます。

痛覚を刺激することなく筋肉を細胞レベルまでほぐすので、再生組織の活性が促され痣や骨折なども治りやすくなります。

腰椎椎間板ヘルニアの対処法⑥牽引療法

椎間板ヘルニアの保存療法の中でもよく行う方法の一つです。

温熱療法、ホットパックなどと併用して進められます。

劇的というよりも、徐々に痛みも楽になります。

専門家の先生が強度や角度を調節します。

牽引だけに期待しすぎず、ストレッチや軽い筋トレ、良質な食事や睡眠、ストレスを減らすなど様々な方法を並行してぜひ行いましょう。

腰椎椎間板ヘルニアの対処法⑦注射(神経ブロック等)

薬物療法の一つで、痛みが伝わらないように神経をブロックします。

鎮痛剤の他、ステロイド剤などもあります、病院の先生の指示で行います。

痛みはストレスになってしまうため、軽減することでさらに治療やリハビリが進みます。

腰椎椎間板ヘルニアの対処法⑧鍼・灸

ツボを刺激し神経の興奮を抑えながら、筋肉をほぐし、血行を良くすると、自然治癒力でヘルニアの悪化が防げます。

椎間板ヘルニア患者の80%は、半年ほどで8割の人が「自然に」治るとも言われています。

その間、鍼灸で腰や足の痛みやしびれを押さえながらその他の牽引や薬物療法、ストレッチなどの保存療法と並行するため、鍼灸をすすめる専門家もいます。

腰椎椎間板ヘルニアの対処法⑨整体、カイロプラクティック

急性期の寝たきり状態で筋力が衰え、筋肉のこわばりで姿勢も歪んでしまう事も多いので、整体やカイロプラティックで筋肉をほぐし、血行を高めたりすることで痛みも改善し、生活に戻って生活の中でリハビリを続けていくことができます。

ただ、マッサージと同じく、椎間板ヘルニアに十分な知識と経験がある先生でも、施術によって病気が悪化し、痛みもひどくなる場合があるようです。

また、椎間板ヘルニアの施術といっても、施設や先生により、やり方が様々なため、自分の状態について、よく話し合って、相談できる先生が望ましいです。

下手をすると、他の部位まで悪くしてしまうこともありますので、注意してください。

腰椎椎間板ヘルニアの対処法⑩安静

急性の痛みでは、同じく急性のぎっくり腰のように、冷やしながら、2、3日から一週間は安静を保つ事が必要です。

腰椎椎間板ヘルニアに手術は必要なのか?

腰椎椎間板ヘルニアになり、痛みが慢性的に続くと手術を勧められる方が多いです。

ですが、手術をしたからといって、100%痛みは消えるとわけではありません。

軽度の腰椎椎間板ヘルニアであれば、自然に半年以内に「完治」、回復する人は30~80%といったデータが見られます。

ということは、ほとんど、牽引や温熱療法、ストレッチなどの保存療法で良くなります。

手術で腰椎椎間板ヘルニアを治すという選択肢は、最後の手段にしておくことが良いです。

腰椎椎間板ヘルニアのまとめ

腰椎椎間板ヘルニアは、日常生活で体に負担をかけすぎると起こりやすい病気です。

若いからや昔は丈夫だったからと油断せずに、普段の体のケアや予防を怠らないようにしましょう。

既に腰椎椎間板ヘルニアなっている方は、いきなり手術ではなく、その他の対処法から実践してみると良いです。

ユカリ
私は、腰椎椎間板ヘルニアになってから、病院で電気治療や牽引治療をしました。

ですが思うように改善せず、最後は松戸整体院で良くなりました!

色々試して良くならない腰椎椎間板ヘルニアでお悩みの方は、松戸整体院をおすすめします!

松戸整体院についてはこちらから